上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
entries

-----, --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

permalink | スポンサー広告

05-30, 2005

歌録り6

歌録り6日目。
前回、完成できなかった曲分のリテイク日。
東京は朝から雨、あーこんな日は気圧が高いのか低いのかわかんないけど体痛いしなあ、などど思いながらスタジオへ出勤。ホントは録り音が心配だったりする。湿度が高いとマイクも湿るんで抜けが悪くなったりすることがあるので。

スタジオ集合後、歌録り用のバランスのオケを作り出す。
今日のエンジニアは土井さん。ミュートビート時代のアルファにいらっしゃったというベテラン。ガシガシと邪魔になる音を削っていってくださる。早い。
ぽっかりと歌用の空間を作っていただいてから歌録り開始。
2テイクくらい歌った後だったか、一度コンソールにてオオヤ君と共にチェック。
細かいニュアンスの出方と声の音量について軽く話す。
打合せ後、割と間を置かずに次のテイクへ。
合計5テイク、本歌部の録りがほぼ完成したので後半?アウトロのフェイク部へ。
これに関してはおまかせ。楽器というか感情の音なので、このへんは本人次第ということにする。
2テイク録って、一度コンソールにてチェック。
結構いいのが録れたが、オオヤ君が後日また再チェレンジしたいとのこと。
テイク録りはここで一旦終了。
スタバのコーヒーを頼んでブレイク。

18時次の作業は編集。
12分丸々ある曲のエディットはどの位時間が掛かるだろうか、とちょっと気が遠くなりそうになったがここで頑張るしかないか。
ざっくりと大まかなテイクを作って、細かい言葉のチェック、発音とリズムのチェックを完成させたらProtools上でのエディットへ。
1A?1Cまで触ったところで一度ブレイク、食事に。

食事時にゲストに頼んであるキセル兄弟が作品を持って遊びに来てくれたので久しぶりににぎやかな食事。とはいえ今日の食事場所は会議室でちょっと殺風景。ちょっと歩けば恵比寿のオシャレでうまい店がごろごろしてるのに、などと思いながらも美味しく食す。レコーディング中は他に息抜きもないので食事が唯一の楽しみになってしまうのだ。
CATVでハゲタカの生態を見ながらでさえ、くそっこいつら外でのびのびとしやがって、とか思う。もうそろそろ遊びたくて仕方がないらしい。終わったあかつきには島に行って遊び倒して、HDレコーダーに録り溜めた120時間分の番組(主にスタートレック)を見て...とか妄想するもまだ終わらないことに気付くとちょっとため息。まあいつかは終わりがくるさ。

食事後、オオヤ君はキセル辻村兄弟達とブースで曲の打合せ、こちらは引き続き2Aからのエディットへ。
ひたすら作業して23時頃やっと完成。
オオヤ君とスタッフに聴いてもらう。聴いてもらいながら自分も離れた場所でチェック。
OKをもらえたのでこれにて完成。
土井さんに仮ミックスを作ってもらってお持ち帰り用にCDに焼き、そのままiPodに取り込む。ここまででやっと作業終了。
24時前にスタジオをさっさと出る。
25時帰宅、半頃にはもう寝る。
スポンサーサイト

permalink | comments (0)| trackbacks (0) | "Union"Rec日誌'05

<<弦録り | main | ダビング3>>

comments

post your comment

trackback

trackback url
http://yuzuruaniki.blog8.fc2.com/tb.php/83-bf568b35
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。