上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
entries

-----, --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

permalink | スポンサー広告

05-25, 2005

歌録り4

歌録り4日目。

CATVの取材を受けるため13時スタジオ入り。
わりと早く収録が終了したので、昨日自宅で新たに入れたひかりのさすほうへのシンセなどをオオヤ君に聴いてもらい意見を聞いたりそれを持ち帰ってもらうためにダビングしたりして過ごす。
14時集合予定時間頃から徐々にスタッフが集まり始める。
まずはまたスタジオ引越で元のスタジオに戻ってきたため各種機材のセッティングやり直し作業。

機材セッティングが済むとやっと歌録りのセッティング開始。
マイクはもう電源を入れてしばらく経っているので暖まっているはず、今日の曲のセッションファイルを慌ただしく立ち上げ、小一時間後にはセッティングは整った。

OoyaVo.jpg
ラージブース内のオオヤ氏。イメトレorリラックス中か

15時頃より月の恋人歌録り開始。
一日ブレイクを入れているので前回より格段に声がいい。
部屋の音響もたこつぼの様なブースよりも、まったくもって抜けがいいので安心。
普段ならテスト的な1テイク目からRecボタンを押しておいてもらい、3テイク歌ったところでコンソールにてオオヤ君に今までのテイクを確認してもらう。
自分のチェックシート上ではほぼテイクは完成しているので少し足りないサビと、アウトロ前部のパートの録音に移ることにする。

何テイクか後にアウトロ部もほぼ収録完了、最後に中間部のファルセット部を歌ってもらって5時過ぎにはセッション終了。
そこから時間をもらってProtools上での編集作業に移る。
この曲の場合、音数が多いのと後々多くのパートでデュエットヴォーカルが入るため注意深く編集。
8時前までかかって一旦編集終了、食事をはさんでもう一度試聴した後で最終決定することにしてブレイク。

食事後最終チェック、大丈夫そうなのでオオヤ君を呼んで試聴してもらう。
OKが出てこの曲の歌録りは終了。

引き続き別曲のパーカス録り。
イントロアウトロにSE的なパーカッション音を入れようということになった。
奏者はあらきゆうこ氏。

ArakiPer.jpg
パーカスチェック中のあらき氏。掌に挟んで持つ楽器の名前は聞くのを忘れた

マイキングでは薮原さんのアイデアでMS方式なども試すがあまり効果が出ず、普通のステレオに収録することにする。U87を2本で収録。
楽器をこすり合わせる早さをコンソールで聴きながら若干早くしてもらうなどのディレクション後、計2テイクで完成。

録音終了後本日の2曲を仮ミックスしてもらう。
この2曲はだいぶ全容が見えてきたので、アウトロフェードのタイミングなども考えなければ。
22時本日の全作業は終了。
スポンサーサイト

permalink | comments (0)| trackbacks (0) | "Union"Rec日誌'05

<<歌録り5 | main | 歌録り3とカエターノヴェローゾ公演>>

comments

post your comment

trackback

trackback url
http://yuzuruaniki.blog8.fc2.com/tb.php/80-fcb774d2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。