上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
entries

-----, --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

permalink | スポンサー広告

05-11, 2005

リズム録り3日目

一日ブレイクを挟んで3日目。

15分遅れでスタジオに到着したがメンバーはまだ来ていないよう。
もちろんエンジニアの薮原さんとドラムテックSさんは先に来てらっしゃるので早速今日録る曲のデモを聞きながら録り音の打合せ。

この曲から音の構成が複雑になるのでドラムのチューニングもピンポイントで狙うことになる。Sさんとの話でリングミュートで行くことになった。後は一緒に鳴るサンプルとの余韻を執拗に合わせていくことになる。

そうしているうちにメンバーもスタジオにやって来て、のんびりしてもらっている間にチューニング終了。
ゆうこちゃんに試しに叩いてもらって、サンプルとうまく鳴るかどうかチェック。
2度ほどチューニングを微調整して決定。
これで行けそうだ。

15時半頃演奏を始める。
12分の長尺の重いビートの曲Fast and Slow。タイト感とルーズ感を同居させつつサンプルに同期していく。こういう演奏を狙ってすることで無機質だったサンプルが生きているように聴こえ出すのだ。だがその分一曲あたりの疲労度は高い。

2テイク録る毎にコンソールで試聴。
もう一度2テイク演奏して、最後のテイクが素晴らしい演奏になった。
なんというかビートがロックしているのだ。
メンバーにこのビートが絶対かっこいいと話して、このテイクで行こうということになる。一曲目終了。

次の曲It's all right!はアレンジ、構成デモは作ったけれどまだ生ドラムで試していない曲。
前日のブレイクの日にあらかじめサンプルパートの整理をしてドラムが叩きやすく改良してきてはいるものの、かなり緻密、タイトなビートになりそうなのでさらにガイドになるサンプルをリズム録りの時に鳴らそうということになった。

このへんから前の曲の疲れが出て、サンプルを何の音で作るかというところで1時間ほど試行錯誤してしまう。判断ミスに反省。
まあ本番では使えそうもないがなんとかガイドになるものを打ち込んで準備終了。
このへんで第一回目の疲れのピークがやってきて眠い。

近くのスタバのコーヒーでも飲もうかということになって買いに走ってもらう。
その間にテストがてらのドラムを叩いてもらう。
おー、行けそうな感じ。さすがあらきゆうこ。
ではバンドで、というところでコーヒーが到着したのでブレイク。
あーこういう旨いコーヒーを飲むと生き返った気になるんだよなあ。

で気を取り直してバンドでのテスト演奏開始。
2テイク録ったところで、演奏には問題ないもののハイハットの音が綺麗すぎるのが気になる。
ゆうこちゃんにガムテで徐々にミュートしていってもらうがまだ違う、いままで立てていたBETA98の替わりに57を立てて狙う位置も変えてみる。

これでもう2テイク演奏。
演奏がだんだん分離してきてしまっている。ビートはルーズになり、ベース、ギターは小綺麗にまとまりすぎてきてしまった。

member1.jpg
疲れの見えるメンバー達。

演奏を中断してコンソールでメンバーと話してみるがそろそろ限界だね、というところで意見が一致した。
気付けば21時半。ごはんも食べずにやっていたのだ。
1テイク目と、最後のテイクを持ち帰って聞き比べてみることにする。
これで今日の録音は終了とすることにした。

帰りの車の中で聴いてみるとやはり1テイク目のビートのほうが断然いい。
よくいわれる1テイク目神話がここで出てしまった。
残りのテイクと時間が無駄だったということになるなあ。
だったらその時間うまいものでも食べていればよかった。

23時過ぎ帰宅。
やっと遅い夜食をとってすぐに就寝。
スポンサーサイト

permalink | comments (0)| trackbacks (0) | "Union"Rec日誌'05

<<リズム録り4日目 | main | リズム録り2日目>>

comments

post your comment

trackback

trackback url
http://yuzuruaniki.blog8.fc2.com/tb.php/71-c8e7e02f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。