上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
entries

-----, --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

permalink | スポンサー広告

07-24, 2005

Polarisファンの皆さまへ?Official Bootlegの件について

ここ数日のPolarisオフィシャルWEB上などでの"Official Bootleg"盤の件、皆さまの意見やスタッフ側の対応を冷静に拝見させていただいていました。
これはあくまで柏原個人の意見として捉えていただければありがたいのですが、まずこのような事態が起こり多くの方が不快感を持たれてしまったことにお詫び申し上げます。

遡って事実をご説明しますが、そもそも例のOfficial Bootleg盤、Bootlegの名の通り正式なPolarisの作品として、アーティストPolarisとしては公式には認めておりません。
05年3月14日/17日の公演、continuity#5/#6は、あくまでその会場にいらっしゃるお客様のためにその場の音響、視覚で鑑賞していただくものとして創作したパフォーマンスです。
と同時にその時期をもって脱退する坂田氏のPolarisとしての最後の皆さまへの顔見せとなる機会、という側面もあるLiveでした。
ただPolarisとしての出来る限りの対応だったとはいえ、今まで坂田氏を愛してくださった皆さま全員に見ていただいて送り出していただくにはあまりにも少ない会場数、場所だったのも事実です。

そのLiveを告知した直後よりLive終了したのちも、坂田氏のPolarisとして最後の機会を見られなかった、なんとか音源化して欲しいという声がPolaris、そしてFamilysongスタッフのもとに数多く届いたのが事実です。
そこでPolarisとスタッフとの間で話し合いが持たれました。その音源をCD化して販売できないかという声がスタッフから上がり、Polarisとしては上記の理由からcontinuity#5/#6をPolarisの意図した形以外で発表することには賛成できないと反対しました。
しばらく意見は平行線だったのですが結局Polaris側が折れて発売してもよいとの許諾をしました。Polarisの気持ちを動かしたのは僕らに届いていたファンの皆さまの声です。坂田氏の参加した最後のライブを見られなかった、せめて音源化して欲しいとの多くの方々の声でした。ただし、あくまでこれはPolarisの意図した形ではないのでBootlegとすること、継続販売しないことを条件に許諾しました。
販売方法についてはFamilysongとPolarisの契約に基づきFamilysongに委ねることにしました。そこで出てきて決定されたのが今回問題になった「WEB通販限定」「初回限定プレスのみ」です。さらにレーベル内スタッフ数の事情もあり「受付期間限定」ともなりました。その時点では今回のような問題が起こるとは予想できず、その方法を容認いたしました。
記憶が不確かで申し訳ないのですが、4?5月ごろ1か月くらいの受付期間をオフィシャルWEB上で設けて、その期間が過ぎて受け付け終了となっていたはずです。このブログではPolarisとしては作品と公認していないため、一切告知はしませんでした。

そこで一旦この話は終了となるはずだったのですが、今回新たに起こったのが再販という問題です。
一連の流れはオフィシャルBBSのほうのログが残っていますので知りたい方は見ていただくとして、アーティストPolarisの柏原個人としてはやはり販売方法に問題があったのではないかと思えます。同時に真っ先に注文していただいた方から頂いた今どきの相場からすると高すぎる手数料にもそう思います。他のアーティストの作品を買う時、自分が買い手であることも当然ありますのでそうだったら高いと思います。

ただスタッフの擁護をするわけではないのですが、発売当初の販売方法をとって手数料が高かったのはひとえに「早くお届けしたい」が故のスタッフの良心のためだったと柏原は思っています。またPolarisが設けた上記の条件もそれを助長してしまったようです。
そのためにスタッフは一般の流通に載せること出来ず、またより「早くお届けしたい」という思いのために皆さまに負担を掛けることのない送料の業者を探す時間が取れず結果的に送料が高くなってしまったこと、また実際の早く聞きたい方の数を把握するために設けた期間の受付数と実際に初回プレスした数の見込み違いが色々な所で歪みを生んでしまい、結果的にレーベルに経済的損失を生んでしまったようです。そうして今回の再販という方法を新たに取り、今回皆さまのお叱りを受けてしまったという経緯のようです。
また再販される品物は再プレスではないか、という方の声も拝見しますがそれは上記のPolarisの出した条件からあり得ないことだと思います。あくまで今後再販するのは初回プレスの残り数だけのはずです。そうでなければスタッフとPolarisとの信用関係が失われてしまうからです。少なくとも柏原はそれを信じています。

今回のことは今後もスタッフとPolarisの間で協議し、今後皆さまにご迷惑をお掛けしないように十分注意いたします。
また今後皆さまの声で実現する商品もあるかも知れませんが、そこでも十分皆さまの利益を考え不当な負担をお掛けしないよう留意いたします。

今後ともPolarisを応援よろしくお願いいたします。

Polaris  柏原 譲
スポンサーサイト

permalink | comments (5)| trackbacks (0) | Polaris

07-19, 2005

一体何杯そばを食べたのだろう(3日目)

番長心の癒しの旅3日目。
昨日海で遊びすぎたのでさすがに今日はゆっくりする日にします。
出発までホテルでゆっくりしている間、平良市内を眺めてみました。

Hirarashinai.jpg

本島の建物より、より平べったいみたい。本島ではよく見る貯水タンクも屋根にないし。
やっぱり大型台風の良く通過する島ならではなのかな。

で出発時間になったので宮古空港へ。
荷物をあずけて、乗る便の時間が少し遅れているということで付近を探索。
空港全景はこんな感じ。周りはほとんどサトウキビ畑でした。

Miyakokuukou.jpg

赤い瓦が印象に残るなんとも懐かしい感じの建物です。

MiyakoKanban.jpg

観光の島であることを感じさせるこんな看板も。

「んみゃーち」どういう意味なんでしょうね?
宮古弁は沖縄本島の言葉よりもっとわかりません。

そうこうしているうちに飛行機の時間が近づいてきたので空港建物に戻って、ここでまた性懲りもなく宮古そばを食す。あたりまえだけどこれも普通。
で1時過ぎに宮古を飛び立ちました。

那覇には2時頃到着。
宮古から来てみると那覇空港は大都会みたいに感じられます。ハイシーズンだからか人もうじゃうじゃいて、そうそうに空港を出てレンタカー屋待ち合わせ場所へ。
バスで移動したレンタカー屋でやっとクルマを借りて、いざ出発。
なんとなく58号線を北上してみます。お腹が空いていたので何か食べたかったので。
でこれまた宮古にはなかった渋滞にはまりまして、疲れてきたのでちょうどそこにあったブルーシールのパーラーに入ってファーストフードを適当に食べました。でもタコスサンド、やっぱりこっちじゃないと食べられない味ですね。うまかった。
でもう渋滞はいやなので58号はやめて高速入り口を探して、そこから今日の宿がある名護まで一気に北上しちゃいます。本島では名護を滞在地に選びました。うまそうなそば屋がいっぱいあるからね。あと海も近い。
車を飛ばして4時過ぎに名護到着。
ホテルにチェックインして疲れのためか少し眠かったので昼寝をしました。

で目が覚めたら6時過ぎ。
あわてて今日のそば屋を探します、でもそば屋は終わるのみんな早いんだよね。
やっとまだやってそうな名護市内、我部祖河そばの場所を発見して車で向かいます。
到着は7時45分、閉店15分前です。
で三枚肉のそばを注文。

Gabusoka.jpg

いや本島に来たって感じ。スープが若干濃厚になった気がします。平麺でなかなかのお味。
ここは通販もあるそうなのでパンフをゲットして帰ります。

宿に戻って、明日の真栄田岬シュノーケリングを予約したので、どっかで道具買えないかなって思ってたら北谷にショップがあることを発見。やばい、だんだんハマってるみたい。

permalink | comments (3)| trackbacks (0) | 日記と雑記

07-14, 2005

一体何杯そばを食べたのだろう(2日目)

低音番長の癒しの旅、2日目も宮古島です。

ここで朝焼け番長(起床時限定)との異名もとるこの自分、日の出と共に起きてしまいました。まだ朝の5時ですよ。
でも宿の窓から見る平良港と対岸の伊良部島は、まだ青い空気の中ののどかな景色です。

hirarakou1.jpg

さてその辺りでテレビで例のロンドンのテロなどを知ったわけですが、いや淋しいものです。目の前にはこんなのどかな所があるのに、テレビの中では悲惨な事件が起こっている、どうしてこうも世界のどこかでは争いが絶えないのだろうと。もう一度窓の外を見ても穏やかなこの島の景色が見えるばかり。なんとも言えない気分になってしまいました。

でも朝食を食べてまた気をとりなおして、今日も癒しの旅のテーマ、海辺へと向かうことにしました。最初は東洋一の砂浜と謳われる前浜ビーチへ。
車を走らせると、それこそ目の前は背の高いサトウキビ畑の緑と畑の赤土の赤だらけ、空から見るとそれがギンガムチェックに見えることから"ギンガムチェックの島"とも呼ばれるそうです宮古島。そんなのはじめて聞きましたが、確かにこの景色はのどかでいいです。そのあいだにぽつんと点在する家々の間をぬって、前浜ビーチへやってきました。

maehama1.jpg

ここもぽつんぽつんと人がまばらで、綺麗な海と砂浜と空だけが広がっております。
白い砂浜と海の色が対照的で非常にきれいで癒やされます。
で癒やされ中の番長。

maehamaYUZ.jpg

目が遠くなって美味しんぼ山岡さんみたくなってます。それくらいキレイだったです。

で、景色で癒やされたあとはおなかも癒やされたいということで、またまた車を走らせやってきましたのは宮古の名店、丸吉食堂。
外観はこんな感じ、素朴な建物がこれからおこるドラマを予感させて食欲をそそりますね。

maruyosi.jpg

で注文したのはソーキそば。
しばし待ったのち出てきたのはこれ。

maruyosisoba.jpg

思わず写真撮る前にソーキを一口かじっちゃったくらいおいしそうな面構え。
さすがにここはひっきりなしに観光客、地元の人がやって来ていて客足が途絶えることがありません。濃い顔をしたボケて笑わす店員のお兄ちゃんがまたいい味出してました。
食後にもらえる黒糖アイスキャンディーも激ウマでした。そういえば前に製糖工場があったな。そこから汁を分けてもらってるのかな。
今のところ堂々そばランキング1位に躍り出ました、丸吉食堂。

午後からはちょっと趣向を変えて、磯に行ってみようじゃないかと次に向かったのは吉野海岸。なんとか駐車場にたどり着いて、連れの情報だとシュノーケリングが楽しいらしいのでそれならばやろうと、駐車場の若い夫婦のやってる道具屋で一式借りてみました。
お兄ちゃんのほうに車で海岸まで送ってもらってその間話しを聞いていると、一見ぶっきらぼうなんだけどなんとも話しが詳しく、ちょっと長すぎなんだけど色々勉強になりました。今日は大潮でこれから中潮になるとか満潮と干潮の時間の移り変わりとかマスクとかシュノーケルとかフィンのグレードの違いとかあっちは流れが速いとかこの海岸に"吉野のおじさん"って人がいるとか。20分はひとりで話してたんじゃないかな、お兄ちゃん。
でもきっとこれが宮古の人なんだろうと思いました。一見ぶっきらぼうで実はまじめで、人なつっこくて話し好き。そんな感じかな。自分は好感が持てました。

でいざ海に入ってみると...大感動!こんな景色は生まれて初めて見ました。色んな色や形のサンゴの間をこれまた色んな色や形の魚が泳いでいる、こんなのが海に入って10歩で見られていいんだろうか!って感じでした。ここでの体験から今回急浮上したシュノーケリングの旅、というテーマもこの旅に加わりました。こうなったら残りの日々、出来る限りシュノーケリングしてやる、あとそばも食ってやる、そう誓った番長でした。

写真は水中写るんですで撮ったんだけど、現像できたら載せてみます。これ実際みたら人生変わっちゃうかも知れないよ、ってくらいキレイでした。

YoshinoSuityuu.jpg
で現像できたのがこれ。天国みたいでしょ

またさっき話しで出てきた、”吉野のおじさん”って人とも話しました。見た目は真っ黒の細身のおじいさんでちょっと引いたけど、口調がすごく紳士的でここの珊瑚礁を守っていたり海岸での遊び方を教えてくれたり、ゴミを拾って集めたりしている人だということもわかってちょっと感動しました。どうやらこの海岸のような珊瑚礁が維持されてるのは天然記念物級に奇跡的なことのようです。

他にもあとで調べたんだけどこの宮古島や周辺の海域の珊瑚礁は世界的に有名だということ。ここのところこの珊瑚礁を食い荒らすオニヒトデが大発生しているとのこと。自治体はそれに対しての対策に積極的でないこと、それで有志のダイバー達がヒトデを駆除しているということ。またエルニーニョなどで水温が上がるだけでも珊瑚は死んでしまうということなど。色んな事がわかりました。
もう一度ここを訪れる時まで、この景色が残っていて欲しい、そう思ったりしました。人間の因果でここの珊瑚も危うくなっているので何かできることはないかと考えたんですけど、このブログにこうして書くことでこの問題をひとりでも多くの人に知ってもらえる機会が出来るのでは、と考えました。
しかし同時に自分のような観光客が多く来ることで、海が壊されないか、そういった心配もしました。
昨日見た白い珊瑚の海岸、あれは死んだ珊瑚の白骨化したものだということも今日気付きました。

Shiro-sango.jpg

生きている珊瑚は色がついていて、はしゃいでいた白い砂浜は死んだ珊瑚の浜だったんだって。そう思うと気持ちは複雑でした。このことはのちに沖縄本島の海に入ってみてより明らかになります。

結局この日はここで夕暮れまで遊んでいて寒くなってきたので海を上がりました。
寒くなったのはホントは潮が満ちてきて、海底いっぱいにナマコが敷きつめられてるのを見てしまったせいかもしれません...あれはコワかった。今でも夢に見ます。
で夕陽の中を平良市内まで車で戻って、夜は地元のちょっと珍しい料理を食べさせる店に行ってみました。
メインはヤシガニ、それに普通に食べられているイカスミごはんやラフテー、海ぶどうなどです。ヤシガニはまあカニでした。伊勢エビってのもあったけど宮古でなんで伊勢エビ?って頼まなかったんだけど、これもあとで調べたらこの時期前後1週間だけ漁が解禁の天然物だそうでした。あーそれなら食べれば良かった。さすがに高かったけど。
でも今日の夜ごはんで一番感動したのは実は海ぶどうだったのです。那覇や東京で食べるのとは全然違う、粒がもっと大きくて噛むと中から磯の香りの、ダシのような味のとろりとした汁が出てきてこれがうまいのなんのって。食堂のおばちゃんに聞くとこれが天然物だよって教えてくれました。これなら海ぶどう丼ってのがあるのもうなずける。これでごはん何杯もいけますよ。
あとここでも宮古の人に感動したのは、先ほどのおばちゃんに宮古のマンゴーの事を聞いててどのくらいで買えるのって聞いてたら、今年は不作だからすごく高いよー、5個で7、8千円するよーって教えてもらってそりゃ手が出ないわとがっかりしていたら、しばらくしてこれどうぞって小さなマンゴーを持ってきてくれた事。すごくささいなことだけどさっきの話しを気に留めててくれて嬉しかった。おかげで小粒だけど宮古の天然マンゴーを味わうことが出来た。うまかったです。

いやーきょうは色んな事を考えさせられた一日でした。明日はいよいよ本島へ渡ります。

permalink | comments (2)| trackbacks (0) | 日記と雑記

07-14, 2005

一体何杯そばを食べたのだろう(初日)

ごく個人的な報告コーナー、先日宮古、沖縄本島へ癒しの旅へ行ってまいりました。

まず初日は羽田から那覇トランジットで宮古へ15時頃到着。
レンタカーを借りると宿にチェックインする前にさっそく北へ。那覇到着が遅れたのでトランジット中になんにも食べられず、お腹が空いていたのです。

目指すは池間大橋手前のいきなり穴場、すむばりへ。
ここのタコ入りの宮古そばはうまいと聞いていたので40分ほど掛けて直行。
全部入りの"すむばりそば"というのを注文しました。
出てきたのはこれ。

sumubari.jpg

でお味のほうは...うまい!
腹が減ってるというのをさしおいてもタコのなんとも柔らかいことしかもいい味付け、それがのった細麺の宮古そば、絶妙でした。いきなりここはまた是非行きたいそば屋にランクインしました。
でお腹も満足して池間大橋を渡りまして池間島のお浜という海岸へ。いきなり海がエメラルドグリーンです!

ikemajima.jpg

というわけで珍しくはしゃいでおります。海岸は無数のサンゴが。珊瑚礁の島に来たということを実感しました。ひとけはほとんど無し、唯一浜でいた基地から休暇に来たらしい外人さんの家族連れと海の中の魚についてほんの二言くらい話しました。結構でかいのがいるらしい。

この池間島というのをぐるっと車でまわったら、自然のものがとても珍しく、
野生のハイビスカスやら
haibisukasu.jpg

野生のシークヮーサーやら
seequaasaa.jpg

がそこらへん中に生えています。いやすごいところに来たものだと。うらやましいくらい自然豊かなところですな。

まだまだ観光気分の自分、つづいてはサンセットを見るには絶景だという砂山ビーチへ。
ここは駐車場に車を置いたら、砂山をよっこらせと登ってまた降りないと砂浜に着かないというなかなか健康的、アスレチックなビーチです。自分もよっこらせと登って降りてみましたら...

Sunayama1.jpg

こんな浜が。全幅30mくらいとコンパクトな浜です。人は自分たちを含めて5?6人。監視員のおじさん達は暇なのか、呑みながらあやとりをして遊んでおりました。
その横にはよくガイドブックに載ってるこんな穴が。

sunayama2.jpg

いや穴はそんなにでかくないんですが、なんともいえない眺めです。

そろそろ日も暮れましたので宿へ向かって平良市内へ。
荷物を置くとその足で港のすぐ横の居酒屋へ向かいました。採れたての魚を期待して行ったのですが、何を頼んでももうないよ、とのつれない答え。グルクンの唐揚げさえ食べられないなんて。しかたなく割と普通のチャンプルーなどを食べて、性懲りもなくまた宮古そばを食べて(普通)、泡盛を飲んで酔っぱらって帰りました。お魚への期待は明日へ持ち越しです。

permalink | comments (2)| trackbacks (0) | 日記と雑記

07-13, 2005

帰京しましたのでいくつか告知です

帰京しました?、いや?素晴らしかったですよ宮古、沖縄は。
とりあえずその話しはあとにして、いくつか話題が発表になっていますな。
えーまず近い方から、8/3発売のPolaris Newアルバム Unionの曲名等がPolarisオフィシャルウェブ等で発表になっています。

Unionjac.jpg
Union(MTCA-5018/¥2,800 05.8.3out)

オフィシャルでは何曲か試聴も出来るみたいっすね、でも本チャンCDはその100倍くらい音がいい!っていうのはこのブログの読者の皆さんは理解して下さってると思いますのであれは適当に聞いといて下さい。
またそれに合わせてこのブログでも"Union"Rec日誌の内容を一部更新しました。伏せ字だったところもどーんと発表しておきました。アルバムを手に入れてから、また読み直すとより楽しみが増すでしょうという低音番長自主プロモーション企画です。
もちろん内容は番長保証済みですのでもう通販で買っちゃおう!という人は上のリンクから予約でもしてやって下さい。きっと発売日にお手元に届くでしょう。たぶん。
「いや内容をきいてからだ」という不届きモノ、いや賢い消費者の皆さまは電車賃使って店頭の試聴機で内容をお確かめになってからお買い求め下さいませ。

それからかねてからウワサのあったFishmansライブ、RSRフェスにて実現です。
詳細はFishmansオフィシャルウェブ等でご覧になって下さい。一応発表になった内容等以下に貼っておきます。

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2005 in EZOにフィッシュマンズの出演が急遽決定しました!
★RISING SUN ROCK FESTIVAL 2005 in EZO
2005年8月19日(金) [雨天決行]
2005年8月20日(土) [雨天決行・オールナイト開催]
*フィッシュマンズの出演は20日になります
☆石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ
8/19(金)open 11:00 / start 15:00-end 22:30
8/20(土) open 11:00 / start 13:00-end 05:30 (21日)
●member
茂木欣一 / 柏原譲 / HONZI / 関口道生 / 木暮晋也
○チケット
19日券 入場のみ¥7,000
20日券 入場のみ¥9,000
通し券 入場のみ¥14,000
FORESTテントサイト付通し券 ¥14,500
駐車場付きキャンプサイト券 ¥2,500
○TOTAL INFORMATION_ WESS TEL:011-614-9999 (平日11:00?18:00)
○OFFICIAL HP_ http://RSR.wess.co.jp (PC/モバイル共通)
○TOUR RSRトラベルデスク_ TEL:0120-492-999
東京・大阪・名古屋・福岡・仙台・新潟発 オフィシャルツアー有

permalink | comments (6)| trackbacks (1) | Polaris

07-04, 2005

恵比寿リキッドルーム?ひと晩明けて

えー大盛況の中"Polaris Pre-Tour 2005"ファイナル、恵比寿リキッドルームでの公演が終了いたしました。
ライブの内容はまあ見てくれた方はあの通り、都合がつかなかった方もネットなんかで調べて読んでいただくとして、じゃあ何をはなしましょ?

昨日ライブMC中に暴露されてしまった、ファイテンの話しでもしましょうか?ツアーに疲れた30代後半の体を奇跡的に動くようにしてくれたファイテン、金本兄貴(実は同い歳)の首に光るファイテン、Qちゃんが所属決定したファイテン、誰にも知られないように秘密にしようと思っていたのに...いやウソですみんなに言ってまわってます。信者増殖中ですよ、自分のまわりでは。
ファイテンをしてからというものの、ライブオッケー、打ち上げオッケーでもうバリバリですわホントに。

いやそれでは仮にもミュージシャンのブログとしてはあんまりですねえ。
しかし終わってひと晩明けてみても、昨日は自分としてはとても楽しかったので特に文章にしなきゃ、ということが見つかんないのですよ。
非常に今後に期待が持てたことと、もっと新しいアイデアを試せそうだということ、このツアーを今回のメンバーと終えてみてより確信したわけです。
いやあこの先楽しそうだなあと。

今日の日記はこんなところですか。
さ、沖縄行きの準備しよっと。
あNewアルバム"Union"の発売は8月3日ですよ?、宣伝もしとかなきゃ。
ツアーも9月、また行いますよ、詳細はオフィシャルでも見てくださいと。
さあさあ行きたい沖縄そば屋のリスト、調べなきゃ。
すべては沖縄が終わってからだ!今日は以上。終わり。

permalink | comments (11)| trackbacks (0) | Polaris

07-01, 2005

広島クアトロイベント

あいにくの天気の中、広島のイベントにも出演しました。
今回の共演はアートスクール、ボノボさんです。

先に2バンドが会場を暖めてくれていたあとに最後に出させていただいたので、のっけからお客さんの雰囲気はもう最高でした。ピースフルな感じで。
ツアー用曲の中から厳選して40分プラスアンコールプラス宮田さんの誕生日のお祝いの約60分くらいのステージをさせてもらって、その演奏している間ふとお客さんの顔を見ると本当に皆音楽が好きな人達ばかりなんだな、という顔ばかりが並んでいて本当にこちらもうれしくなりました。

広島の皆さんなかなか演奏に行けなくてすみませんでした、次回9月もまた見に来てください。

演奏終了後、楽屋に戻るとボノボのみなさんが待ちかまえてくださってこれも嬉しかったです。ボノボさんはこの晩大阪に戻るとのこと、それまでの間軽くカンパイしたりケーキを食べたりまあ色んな話をしたりして楽しかったです。またどこかでご一緒しましょう。

さあ次は東京に戻っていよいよツアーファイナルです。東京でもよい演奏をお聴かせできるように頑張らねばね。

permalink | comments (4)| trackbacks (0) | Polaris

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。