上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
entries

-----, --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

permalink | スポンサー広告

02-26, 2005

俺のタナ?壮年期編3:祝!来日カエターノヴェローソ2

久しぶりの更新、このところバンド関係のニュースばかりのアップでもっとも書きたかった音楽についての事が書けていませんでした。反省。

で今から2週間ほど前、素晴らしいニュースが飛び込んできました。前にもこのコーナーで紹介したカエターノヴェローゾが8年ぶりに来日公演をするというもの。僕は興奮せずにはいられず、前の公演の時には見に行けなかったので今回は早速とチケットを押さえました。例えレコーディング中でも抜け出して観に行きます!関係者の皆さんごめんなさい。

公演は5月半ばから、大阪、福岡、名古屋、東京での公演です。
ということで今回の俺のタナ、カエターノ来日記念の彼のアルバムの紹介2回目です。


Noites do Norte:ノイチス・ド・ノルチ?北の熱い夜
20050422001033.jpg

2000年発表のこのアルバムは前回紹介したLivroの音詩世界をさらに熟成させたような曲と、若い頃のトンガったロックにのせて悪態をつく曲とが同居していたりとこれまた初めて聞いた時非常に衝撃を受けたアルバムです。
内容については以前紹介したこのサイトなんかも参照して欲しいのですが全てにおいてオリジナリティーに溢れた作品です。
音楽を愛する人にはぜひ聴いて貰いたい一枚。僕の愛聴盤です。


Noites Do Norte Ao Vivo(DVD)
noites-do-norte-ao-vaio.jpg

Noites Do Norte発表後のカエターノ還暦の誕生日に開催された、特別なライブの模様を収めたDVD。そういう背景を差し置いてもため息の出るような素晴らしいライブです。

通常のバンド編成に加えてチェロのジャキスモレレンバウとチンバラーダからの選りすぐりパーカッション4人を加えた9人編成、豪華な編成ですが効いているのはやはりパーカッション隊。4人の周りをぐるりと取り囲んだとんでもない数のパーカッション群を自在に操るのはやはりサンバの国ブラジル人ならではです。サッカーか音楽で身を立てるしかない国というと大げさかもしれませんが、その位過酷な環境から抜け出た彼らの演奏はダテではなく、さらにアフリカまで遡る伝統の文化をも取り入れていて音楽的要素に溢れています。

またこのDVDには日本語訳字幕がついていて、ちょっと訳がおかしいけれど十分カエターノの詩世界を僕ら日本人でも訳詞を見ながらリアルタイムに感じることが出来ます。よく難解といわれる彼の詩ですが、そんな歌のほかにもハッとするほど美しい詩や社会問題、民族問題を挙げた詩などどれも人生を重ねた詩人にしか描けないような世界です。
また余談ですが奇人ともいわれる彼のステージでのおかしな挙動を楽しむことも出来ます。

ブラジル音楽入門としては豪華すぎるほどの内容のこのDVD、ぜひ手に入れて欲しいお薦めです。


A Foreign Sound:異国の香り?アメリカン・ソングス
20050422001315.jpg

今回の来日公演はこの盤からの曲が中心という噂がありますのでこれも紹介しておきます。
カエターノの最新リリースのこのアルバムはアメリカのスタンダードやヒット曲などを彼が英語で歌うという企画盤ですが、英語での彼の歌声が普段ポルトガル語での歌を聞き慣れないリスナーには聞きやすく、かえって彼の歌声の良さを認識できるという利点もあるかと思われます。とはいえ内容は手を抜かれているわけはなく最新のカエターノミュージックに仕上がっています。各国で発売されたこの盤には4種類の選曲の盤があるという事で、マニアは全部手に入れないと気が済まないらしいです。


さて、これまで紹介した3枚を聴き込んだら、いよいよ来日公演への準備は整いましたね。今後日本で体験できるかどうか分からない彼のライブ、あとは体調を整えて待つばかりです。出来るだけ多くの方が彼のライブに足を運べることを願って。
スポンサーサイト

permalink | comments (0)| trackbacks (0) | 俺のタナ~壮年編

02-10, 2005

Fishmansベスト盤続報2

今夜の茂木氏のJUSTA RADIOでも発表になりましたが、
Fishmansベスト盤続報その2です。

SongKuutyuuList1.jpg

Songlist1Utuyu.jpg

現時点でDisc1の曲目が発表です。またDisc2は
「空中」が、<RARE TRACKS & B-SIDES 1987-1994>
「宇宙」が、<RARE TRACKS & B-SIDES 1995-1998>という感じ。
こちらは3月中頃をメドに編集、選曲を終えて発表の予定ですのでお楽しみに。

またフィッシュマンズオフィシャルページが再オープンしています。今後こちらのほうもチェックしてみてください。

permalink | comments (0)| trackbacks (0) | Fishmans

02-01, 2005

Polarisファンの皆様へのお知らせ

Polarisからの正式発表です。Polaris Official Web

Polarisファンの皆様へ

この度メンバー坂田学が、本年3月25日のライブを最後にポラリスを正式脱退することになりました。
以後、オオヤ、柏原は当面新作の制作活動へと坂田はアーティストのサポート、ソロ活動などそれぞれ精力的に活動して参ります。
メンバーはもちろんスタッフも、目前のcontinuityを成功させるべく準備におわれています。これからもポラリス並びに坂田学に御支援をいただければ幸いです。

2005年2月1日
ポラリスプロジェクト

permalink | comments (0)| trackbacks (0) | Polaris

02-01, 2005

Fishmansベスト盤続報

Fishmansのベスト盤続報です。

以前お知らせしたFishmansベスト盤はユニバーサル、ポニーキャニオン両レーベルより4月21日発売に決まりました。一方は〈昼?夕方〉を、もう一方は〈夜?夜明け〉をイメージしてコンパイルしたものです。

またマスタリングは米Sterling soundのTed Jensen氏によるものとなる予定。

内容等はさらなる続報をお待ちください。

permalink | comments (0)| trackbacks (0) | Fishmans

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。