上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
entries

-----, --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

permalink | スポンサー広告

11-29, 2004

音楽を身近に置く3?今回はうんちく

前回は大作すぎてしばらくの間燃え尽きてしまったので、次を書くのが遅くなってしまいました。今回は短めにしときます。
さて今回は再生される音と次世代の音についてのうんちくです。ヒマな方は読んでいってください。

みなさんが自宅や携帯機器で音楽を楽しむ時に、そこには必ずCDやMDやMP3ファイルやらの音源がありますね。これらはソースと呼ばれるもので、それを再生するためのしかるべき機器を通して再生すると、人間の耳(脳)で認知されるかたちで音楽が再生されるわけです。
みなさんはソースによって音が違うと、気付いていらっしゃるでしょうか。たとえばCDとMP3では再生される音は違いますね。また同じソースを使っても再生機器の個体によって音が違うことも気付いていらっしゃるとも思います。友達の家のCDプレーヤーで聞いた時と自分の家のでは音が違って聞こえたことはありませんか?
ではなぜソース、再生機器によって音が違うのでしょうか?

あたりまえじゃん、と言われてしまうかも知れません。でもこれが実際に音楽を録音してみなさんに聴いてもらう立場の自分からすると大問題なのです。
せっかく作った音楽が違ったかたちで聴かれてしまう、せっかく入れた音がある機器では聞こえなかった、そんな状況が当たり前に起こっているのが今の現状です。

ちょっと難しい話ですが、これは今のメディアのデータのフォーマットに問題があると自分は考えています。CDに限って説明すると、現在は20数年前に決められたPCMという方式でメディアに記録されているのですが、これが再生機器に依存する割合が非常に大きいのです。平たく言うと、これ買ってきてと言うだけでメモを渡す方式のようなものなのです。相手は子供か大人かなどは考慮せずに、相手の判断力だけにどこの国のどの店で、幾らくらいで買ってきたらいいのかなどを委ねているようなものです。どんな方式でデータを読み込むのかルールブックには全く記載されていないのでそれらは全て再生機器の能力に依存しているということです。再生機器は設計の段階であらかじめデータからどのくらいの情報を取り出せるか、取り出した情報を音楽情報に変換できるか、変換した音楽情報をどの程度のクオリティで出力できるかという三つの変換の段階で出音がすでに決まってしまっています。ちなみに能力外のデータやエラーは音の歪みとして現れます。人間が音が悪い、と感じるのは歪みによるところが大きいのです。

この方式はCDだけではなく実はMDやMP3でも同じ方式が採用されています。今あるほとんどの音響機器も同じ方式です。これでは例え同じソースからでも、そこから再生する音が違うのは当たり前ですね。極端な話、クオリティの高い出力をするには三つの変換の部分にコストを掛けて歪みを無くせば良いだけの話なのですが。そのコストというのが部品一つあたり数十円から数百万円までと非常に幅広いです。そのコストは全部使用する人に返ってきますので、現実問題として糸目をつけずにコストを掛けることは無理ですね。実際にはそういう機器も販売されていて、その目が飛び出るほど高い機器で音楽を聴く人も世の中にはいますが、その再生機器は再生する部屋を含めるとそれこそ都心の一等地が買えてしまうほどのコストだったりもします。自分も含め一般人には無理ですねえ。
まあ、現在のPCMという方式がそれほど再生機器に依存しているというお話しです。

じゃあその問題のあるPCMとずうっと付き合っていかなければならないかというとそうでもなく、ここ数年、やっと新しいフォーマットが出現しました。SACDに採用されている、DSD(Direct Stream Digital)という方式です。データの記録方式が変わったため、これまで再生するために三つの段階を経ていたうちの最初の2つが簡略化されています。データを取り出すのが容易になっているため、最初の2段階で歪みが生じる割合が非常に低いのです。

Polarisの去年のアルバム、Familyで、録音段階の一部にこの方式を採用してみる実験をしました。最終的に提供するメディアはコストと普及率のためCD(PCM)になってしまいましたが、もしSACDで提供していたなら、みなさんの手元で聞こえる音はかなり制作現場と近い音になっていたでしょう。現時点では残念でしたが、いずれその形で提供できる日も来るかも知れません。

これも今後音楽を購入するみなさんの意識によって変わってくるかと思います。
こちら側でもどこかでその違いを試聴できるような場を用意できたらいいかもしれませんね。SACDの音はきっとどんな方でも、一聴してその素晴らしさをすぐにわかってもらえるような素晴らしい音ですよ。
家庭用のDSD方式のプレーヤーやアンプも一部販売開始されています。現状数は少ないですが、今までの機器に比べコストは安いようです。聞いた話によると今までオーディオマニアが何百万というコストを掛けた再生機器がSH社のわずか10数万の機器の再生音にかなわなかった、という話も聞いたことがあります。10数万、ある人には高すぎ、ある人には安いですね。このブログを見ている人のパソコンは10数万くらいはするのがほとんどのはず。少なくともその人達には手の届かない値段ではないということでしょうか。
じぶんは音楽鑑賞が趣味といえますから、今はまだ時期早尚でもいずれは掛けても悪くないコストだと思っています。

こと世の中では(特に日本では)音楽に関することは他の分野のように需要が高くないと判断されているのか、技術やサービスの革新のスピードは遅いようです。これはみなさんの要求と比例していますのでどうかいい音楽をいい音で聴きたいという欲求を持っていただけたらと思います。
そして諸々がいい方向に行くように、みなさんと共に今後に期待ですね。
スポンサーサイト

permalink | comments (1)| trackbacks (0) | 音楽を身近に置く

11-28, 2004

俺のタナ?壮年期編2:Brazilian Love Affair

俺のタナ第二回、今回からは一枚ずつ紹介にしてみます。というのは自分がだんだん忙しくなると大きな記事はなかなか更新できなくて、最近では10日にいっぺんという体たらくになってしまったからです。blogなんだからなるべく小出しでも頻繁に更新するようにしたいですねえ。

で、今回はコンピもの、FaroutBrazilian Love Affairです。

B00000JCW1.01.MZZZZZZZ.jpg

Joe Davis率いるイギリスの独立系レーベル、Faroutのコンピシリーズの第一弾ですが、これを聴いて自分は一気にFaroutファンになりました。
そもそも90年代のロンドンのクラブカルチャーの中から生まれたブラジリアンミュージックの盛り上がりがこのレーベル誕生の背景にあるようです。
が、そこでのリリースは英国のリミックスアーティスト達の作品のみならず、ついには本国ブラジルよりJoyceやMarcos Valle、Azymuthらも呼び寄せ、ライブや新録も行うなど精力的で、その状況は自分のいる更に遠い(Faroutな)日本から見るとパラダイスのように見えます。あーそんなレーベルに憧れちゃったりしますね。これはいつか自分でもやってみたいことでもあるのです。

で内容ですが、これは前回のカエタノさんに比べると、もっとブラジル音楽初心者向け、クラブミュージックを通った方には音質などの点で入りやすいのではないかと思います。自分も初心者の頃、当時レゲエの音質が好きだったこともあり、たいへん腰の据わった中低域感には好感を持ちました。と同時に今現在のかなりブラジル音楽耳になった耳で聞いても、心地よいです。

またブラジル音楽、とひとくちに言っても大変様々な種類の音楽があるのですが、自分の好きなジャンル、アーティストとはまさにジャストフィットでした。

サンバのもつ、黒人音楽本来の強烈なグルーブやその派生のサンバボッサ、サンバヘギ等の新ジャンル音楽、またジョイスの素晴らしい小鳥の羽ばたくようなスキャット、パーカッションのみのバツカーダなどが、見事に最近の西洋音楽の視点のミックスでこの一枚に収められています。Love Affairという言葉の持つ、融合という意味がよいほうに感じられる一枚です。
本国ブラジルでも年々色々なリズム、音楽の融合が進んでいるところからしてもこれは正常な進化といえるでしょう。

Farout、お薦めのレーベルです。

permalink | comments (0)| trackbacks (0) | 俺のタナ~壮年編

11-20, 2004

タワレコ25周年イベントat福岡DRUM LOGOS

昨日19日、Tower Records 25th anniversaryイベントに出演しました。
MUFAS、Hermann H、the Miceteeth、Polarisの4バンドの出演でした。

タワレコも25年目なんですね。その間色んなCDを買ったり、試聴したりとお世話になったものです。考えてみれば必ずしもCDを買う気がない時でも気軽に店に行って、適当に眺めたり、おっと思ったものを試聴したりといった習慣を根付かせてくれたのは、タワーレコードをはじめとする外資系CD店のおかげかも知れません。色んな意味で感謝ですね。

permalink | comments (0)| trackbacks (0) | Polaris

11-09, 2004

ひさびさなのだが野球ネタ

Blog久しぶりなんだけど野球ネタ。

ダイエー球団、ソフトバンクに売却決定

魔のプレーオフ以来やめとこうと思ってたけど久々に自分にとってでかいネタなので。
これでホークス選手流出にも歯止めが掛かるんじゃないかとちょっと期待。とはいっても5?6年前の黄金期からするとだいぶメンツが変わってしまったなあ。
まあ救いは生きのいい若い投手が増えたことくらいか。

他球団もつい先日の西武球団売却報道とかパリーグはそういうネタばっかり。あんまりいい話は無いです。この流れだとパリーグスター選手の流出はまだまだ続きそう。近いうちに中村や松坂、小笠原、城島なんかも危ないかな。約25年の付き合いのパリーグの灯が消えていくようでちょっとさみしい。

唯一の救いは楽天、ソフトバンク加入でネットで試合が見られる可能性が出てきたことくらいかな。民放のテレビ中継はCMだらけうざったいゲスト多すぎで見る気ゼロだし。

しかし楽天のチーム名、ゴールデンイーグルスっていうの、日本名イヌワシだそうですがどうなんすかね。長くて言いづらい。「楽天狗鷲軍」とか漢字で書いた方が格好良いんではないか。選手名も全部劇画タッチの登録名とかにして。現GMはアメリカ人だそうですが、楽天ならやっぱり日本人、水島新司先生あたりにお願いしたいところだ。
逆にライブドアだったら、思いっきり洋風にしても良かったかも。発表してた監督がオマリー氏、コーチ田淵、栗山両氏など自分的にはコテコテでした。で名前なんかフェニックスだったからね、ほんとにあの状況で参入に選ばれてたら不死鳥ですよ。落とされちゃってちょっと残念だったけど。

まあ現実に戻ると、今年のストーブリーグは何となく重々しい空気が漂ってますな。
もうプロ野球=娯楽じゃなくて社会の縮図みたくなっちゃってます。
来年は何回くらい球場に足を運ぶかわからないくらい、自分的には野球への関心は盛り下がっちゃってますねえ。

permalink | comments (0)| trackbacks (0) | 日記と雑記

11-05, 2004

竹仲絵里サポート

スミマセン、更新ちょっとさぼっちゃってます。
東京はこれで2日目のいい天気です、20度超えてるのでTシャツでも日なたなら寒くないくらい。こういう天気に日にあえて昼寝をするのが好きだったりしますが。

しかし今日は都内品川にて、レコーディングでは坂田君も叩いている竹仲絵里さんというアーティストのサポートに行ってきます。
なお今日は残念ながら一般入場は出来ないイベントのようなので、彼女に興味を持った方は竹仲絵里HPで情報をチェックしてみてください。

それではまた。

permalink | comments (0)| trackbacks (0) | プロデュース&サポート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。